「次も頼むよ」の
一言のために

ソリューション事業部
2015年入社 政治経済学部卒

視野を広げて
出会うことができた、
本音で話せる会社

就職活動当初は、ファッションに興味があったこともあり、アパレル業界一本に絞っていました。しかし、就職活動を進めるなかで、一つの業界に絞ることに不安を覚えたことが視野を広げるきっかけとなりました。それからは業種を問わず、さまざまな企業を訪問しました。入社後、何がやりたいかということは、明確ではありませんでしたが、「自分に合う雰囲気」は重視していました。いくつもの企業を訪問すると、雰囲気の違いは肌で感じます。自分に合う、合わないということも、理解できるようになるものです。そのなかで、一番自分がリラックスできた会社が、株式会社マサルだったのです。 企業の面接官を前にすると、学生側は、つい「優等生」を演じようとしてしまいます。しかし、ここでは面接時でも、お互い「本音」で話しをしようという雰囲気が伝わってきました。自分でも驚くくらいリラックスした雰囲気のなかで、自分の話ができたことを憶えています。

幅広い業務で培われるビジネスの視点

入社以来、工事担当として施工管理を行っています。現在は、主に新築現場の防水工事の施工管理業務を担当。防水工事の見積作成、工程や収支の管理など、業務は多岐にわたります。具体的な業務の流れを簡単に説明すると、顧客から図面を貰った後、見積を作成。見積をもとに金額交渉を行い、契約を結び、具体的な施工に入ります。そして竣工というフローです。職人の人件費、材料費、諸経費などの全てを、契約金額のなかでやりくりし、予算オーバーになる部分は、さらに交渉を重ね、収支を管理していかなければなりません。

現場の安心・安全、品質を管理することはもちろんですが、収支も見据えていかなければならないことが、難しい面でもあり、やりがいにもつながることです。 「自分のお客様」を増やす手応えとでも言うのでしょうか。また、自分が担当した物件の前をプライベートの時間で通ったりすると、「頑張ったな、自分」と自己満足できる喜びもあります。

困難を一緒に乗り越えてくれる風土

「次も頼むよ」。竣工後に、顧客からそんな一言をいただくことが、一番のやりがいです。 しかし、日々動いている現場は、さまざまな課題が発生します。時には、予定外に職人の数を集めなければならないこともあります。こうしたことは、まれにありますが、私の場合、新人時代に経験できたことが大きな財産になりました。その時は業界全体が繁忙期ということもあり、とても自分一人では対応できません。

上司にも相談し、作業内容を把握したうえで「この日は何人必要」といった人数を割り出し、多くの人の協力を得て乗り切ることができました。その時は無我夢中でしたが、最終的に顧客から冒頭の感謝の言葉をもらうことができました。株式会社マサルのすごいところは、困っている人に対しては、誰もが協力を惜しまないということ。こういう風土があるからこそ、一人ひとりが全力で仕事に取り組むことができ、やりがいを感じることができるのだと思います。

施工管理として
一人前になるために

「当面の目標は、昇格に必要な2級建築施工管理技士の資格を取得することです。会社が積極的に講習や勉強会に送り出してくれるので、できるだけ早く期待に応えたいと思っています。また仕事の面では、上司や先輩の助けがなくても、自力で管理を進めていけるようになりたいということも目標の一つ。少しでも早く社会人として一人前になるために、専門知識や経験を増やしていくことを意識しています。そしていずれは、自分が吸収した知識やノウハウを、後輩に正しく伝えられるようになりたいですね。 メリハリをつけるためにも基本的に、土日は休むように心がけています。そのために、月曜~金曜日の業務計画を綿密に立て、土曜日にずれ込むことがないようにということを考えています。計画の精度を高めることが必要になりますが、働く時は集中して働く。休むときは積極的に休むというメリハリが、自分のモチベーションを維持する一因になっていると感じています。

メッセージ

私の就職活動は、最初はアパレル業界一本に絞っていたこともあり、結果的に「短期決戦」を余儀なくされました。最終的に株式会社マサルという企業と出会い、就職を決めたことに何の後悔もありませんが、今思えば、社会勉強としてもっといろんな会社を見ておけば良かったと感じています。同級生のなかには、驚くほどの社数を回っている人もいて、当時は「大変だな」と冷ややかに見ていましたが、今は違う思いです。

よく言われることですが、就職活動は、人生のなかでもさまざまな企業を訪問できる数少ない機会です。また、自分自身を見つめ直すいい機会でもあります。ならば、時間をかけて自分を知り、多くの企業を訪問することで、自分に合う会社を見つけてほしいと思います。自分を大きく見せて入社した会社で、何十年も格好つけて働くのは、疲れてしまいますからね。ぜひ、肩の力を抜いて、「素の自分」をアピールしてみてください。心から応援しています。

プライベートの過ごし方

学生時代は、昼夜関係なく室内でダラダラ過ごすという、怠惰な時間を楽しむことも少なくありませんでした(笑)。しかし社会人になって、限られた休日を有効に使いたいと、可能な限り外に出かけることを意識しています。休日には「何かをしないと、もったいない」と思うようになったのです。 最近、結婚したことも、そう思う大きな後押しになったのかもしれません。しかし目的もなく出かけると、外食したり買い物したりと、つい散財してしまいがちなので、最近は節約のためにも、「バランスの取れたインドア生活」も考えています。